ボードゲーム

2020/08/08 草加でボードゲーム会 第31回

この日はひろさん主催の会に参加しました。ここの会場は先月に引き続き2回目です。自転車で行けるのはほんとに嬉しい。

今回遊んだゲームは
Winds of Plunder(初)
エイリアン アーティファクト(3)
マラカイボ(3)
ダイスラン(初)
グッズメイカー(初)
です。

Winds of Plunder 4人 説明22分 プレイ70分

開場から少し遅れての到着。まずはしゅだっちさん持参の海賊がテーマのキナ臭いゲームを遊ばせていただきました。メーカーがGMTで海賊テーマと言ったらおおよそ遊んだらこんな感じだろうなぁ、という想像の範疇内のゲームでした。3つか4つのリソースでのマジョリティ争い、特殊カードの攻防、普通に殴り合いの攻防とかもろもろ。若干特殊カードの引き運が気になるけどGMTだからね、ということで許されてしまうのはご愛敬でしょうか(笑) 勝者は蒼き箱さん、お見事でした。


 

エイリアン アーティファクト 4人 説明40分 プレイ70分

しゅだっちさんがいるならこれ遊ばせていただくよね、ということで最近持ち歩いているというエイリアン・アーティファクトをエントリー。先日のあきらさん会でも遊ばせていただいてとても面白かったので再戦を強くお願いしました。基本はレース・フォーベースのリソースこねくり系なので楽しいに決まってます。勝者は蒼き箱さん、お見事でした。


 

マラカイボ 4人 説明13分 プレイ145分

お次は軍師さん持参のマラカイボ。ストーリーを進めたいようでルール説明なしで始められるメンバーを集められてほっとしていた様子が伺えました。オープン会でこのくらい複雑なゲームのルール説明をしてまで遊びたい思いが果たして自分にあるのか? という自問自答をしては持ち込むゲームをああでもないこうでもないと毎回悩みますよね。「モンバサ」は何度も説明したことがあるので今でもいけると思いますが「ブラックアウト香港」は主にOOAGOさんに説明していただいて遊んだので自分が説明するのはちょっと敷居が高いんだよなぁ。まあ、何事も経験なのでつたなくとも何度か自分でルール説明すれば良いのですけどね。「マラカイボ」は初回lainさんに説明していただいてとても楽しく遊びましたが、このゲームは自分では買わなくても良いかなぁと思っています。勝者はpoiさん、お見事でした。


 

ダイスラン 4人 説明18分 プレイ30分

その語感からサイコロがレースをするのかなー、と想像しました。ですがサイコロが1つで走るイメージではなく、マラソンの団体戦?のような感じでした。最初は1つの集団で、カードを出して自分の推しの色のサイコロを前に押し出して、前にいくグループが生まれ、手番が進むに連れていくつものグループを形成していきます。毎ラウンド自分の推す色がランダムで決まり、ラウンドの終わりに先頭集団にいる自分の推しのサイコロから得点を得ていきます。気軽に遊べて良いですね。これだけたくさんのサイコロがあると何か他のルールで別のゲームが遊べないかなと思ってしまうのは病気かな(笑)


 

グッズメイカー 4人 説明10分 プレイ40分

こちらも王道と言えば王道のリソース変換メインのゲーム。下級素材を上級素材に変換して、自力で加工なり生産できる工場(施設)を買い施設をアップグレードしたりして既定の点数に到達したら勝ちというもの。上級素材や工場のカードが少なく、一度流れた材料がカードの山をリシャッフルする状況にならないと出てこないのは辛いし工場を作るために必要な材料の組み合わせも運の要素が強くて遊んでて爽快感より苦しさの方が前面に出てしまう仕組みは気になりました。まあ、誰かには良い感じに働くのでゲームとして破綻するまでではありません。勝者はたまごさん、お見事でした。

アフターは帰りの道すがらサラダバー目当てに一人でブロンコビリー。正直サラダバーだけで野菜食べ放題、サラダの中にササミ肉も入っているし、果物もデザートも揃っているのでメインの肉料理は要らないのだけど仕方なく一番安いハンバーグを注文してせっせとサラダをメインにいただきます。店員さんがお勧めするキャンペーンのお肉には一切目もくれずにっこりとハンバーグを注文する様子を見て「うわ、ガチな客がきた」という顔をされてしまいました(笑)

ひろさん、皆さまありがとうございました!

ボードゲームマラカイボ 日本語版 ミニ拡張付き (Maracaibo)

-ボードゲーム
-, , , , , , ,

© 2021 Shun.のボードゲーム日記