ボードゲーム

2022/07/16 取手ハウス合宿 1日目

2日目の日記はこちらからどうぞ。
3日目の日記はこちらからどうぞ。

去年初めて山田さんの合宿に参加した頃から三連休と言えばとりあえず合宿しましょうみたいな流れになっています。私が主催していた合宿では身体がいくつあっても足りないくらいびっちりゲームの時間をやりくりしていましたが、こちらはメンバー少人数で固定してゆっくりとした時間を過ごしながらゲームに興じました。


とけいさんは合間合間にギガテラフォーミング・マーズを遊ぶための準備にいそしんでいます(笑)
 


持ち込んだお菓子。合宿中はダイエットは忘れます。
 

合宿初日に遊んだゲームは
宝石の煌き(39)
ブルゴーニュ(7)
コペンハーゲン(初)
トゥーリアの踊る塔(初)
ゴーネンコーネン(4)
起源1503(初)
ジャスト・ワン(32)
ホルナフャルザール・マニ(28~29)
です。
 

宝石の煌き 3人 プレイ27分

到着してまずは軽く宝石の煌きから。うまくかみ合って快勝!


 

ブルゴーニュ 4人 説明?分 プレイ140分

定番ボードゲームと言われながらあまり回数をこなしていないのでたまには遊ばなきゃと持参しました。勝ちを目指そうとすると個人ボードの選択からシビアに動いていかないとならないですがそんなにガチにならずのんびり遊びたいですね。勝者はとけいさん、お見事でした。


 

コペンハーゲン 4人 説明7分 プレイ40分

取手ハウスに常設してあるゲームでまだ遊んだことがないゲームをリクエストしました。個人ボードはテトリスの画面のようです。ブロックを敷き詰めるとボーナスがもらえてゲームを有利に運ぶことができます。軽すぎず重すぎず良い塩梅ですね。勝者はジャンクさん、お見事でした。


 

トゥーリアの踊る塔 4人 説明20分 プレイ60分

こちらも常設してあってまだ遊んだことがなかったのでリクエストしました。なんでもリソース集めの部分はそれなりに面白いのだけど、最後の詰めがちょっと残念というのでどんなものか興味が湧きました。

確かに中盤のリソース集めの部分は面白くて、ボードの四隅にある四角い塔がくるくる回り、自分が面しているアクションのみできるという若干の制限がユニークで面白ポイントです。狙ったアクションがたまたまどの塔にも見えていない場合、仕方なく他のアクションを選択せざるを得なくなってしまいます。

目指すリソースを集めた後はボード中央に移動して囚われているお姫様を見つければ勝ちというもの。そのシステムがなんと純粋たる「くじ引き」でした(笑) ジャンクさんが真っ先に到着してくじ引きにチャレンジするもことごとく外れてしまい、ラスト1つだけリソース不足でめくることができず、後追いで私が到着してあっけなく勝利をかっさらいました。なるほど、これではゲーマーの評判があまり良くないのも納得です。システムの組み合わせの妙で良くもなるしちぐはぐにもなってしまうというお手本を見せていただいた感じがしました。


 

ゲームの後は豪勢なご飯~


 

ゴーネンコーネン 4人 プレイ45分

ご飯の後に山田さんがお気に入りのゴーネンコーネンを遊びました。手番プレイヤーのサイコロを便乗して使えるところが好きなのかな。勝者はとけいさん、お見事でした。


 

起源1503 4人 説明10分 プレイ85分

今回の合宿の温故知新ゲームその1。「カタン」でお馴染の Klaus Teuber さんの作品です。システム的には同デザイナーの「エントデッカー」と「カタン」の良いとろ取りした感じのゲームです。足して2で割ったとも言います(笑)

他プレイヤーの振ったサイコロの目によりすべてのプレイヤーがリソースを獲得、船を移動させて未開の地へ向かい隠されているお宝を見つけるということが一度に遊べます。いやぁ、面白いですね。勝者は山田さん、お見事でした。


 

ジャスト・ワン 4人 プレイ40分

深夜のジャスト・ワン。お題をテレストレーションに変更して遊びました。いきなり難しい単語がいっぱいでヒントを出すのにも苦労しました。何枚成功したか忘れてしまいました。


 

ホルナフャルザール・マニ 3人 説明1分 プレイ20分

お風呂の順番を待つ間に3人専用のトリックテイクを遊びました。3種類のゲームをランダムに遊べるので適度に頭の体操になって良いのです。メンバーを変えて2回遊びました。
 

ボードゲーム宝石の煌き 日本語版 (Splendor)

ボードゲームブルゴーニュ 多言語版 (Die Burgen von Burgund) [日本語訳付き]

ボードゲームブルゴーニュプラス 多言語版 (The Castles of Burgudy) [日本語訳付き]

ボードゲームコペンハーゲン (Copenhagen) [日本語訳付き]

ボードゲームトゥーリアの踊る塔 多言語版 (Touria) [日本語訳付き]

ボードゲームゴーネンコーネン (Gonnen Konnen) [日本語訳付き]

ボードゲーム紀元 1503 ドイツ語版 (Anno 1503) [日本語訳付き]

ボードゲームジャスト・ワン 完全日本語版 (Just One)

 

--------

検索用メモ

宝石の煌き(41)/Splendor (2014)
ブルゴーニュ(7)/The Castles of Burgundy (2011)
コペンハーゲン(初)/Copenhagen (2019)
トゥーリアの踊る塔(初)/Touria (2016)
ゴーネンコーネン(4)/Divvy Dice (2020)
起源1503(初)/Anno 1503 (2003)
ジャスト・ワン(32)/Just One (2018)
ホルナフャルザール・マニ(28)/Hornafjarðarmanni
ホルナフャルザール・マニ(29)

--------

-ボードゲーム
-, , , , , , , , , , , , , , ,

© 2022 Shun.のボードゲーム日記