ボードゲーム

2000/10 JAGA合宿(最終日)

10/9

3日目の朝は昨日と同じ朝食メニュー。空はかなり強い雨で気分も淀んでしまいます。帰り支度をしなければならないという気持ちからか昨日よりゆっくりと食事を楽しめず、食べる量も少なかった。

さてチェックアウトも間近、自分の荷物をまとめゲーム部屋に運んでいた机とテーブルを戻し、皆でゲームを車に積み込みました。ここで車組と電車組に別れて解散。車組の方はどうなったか分かりません。電車組はホテルの送迎バスに乗り伊豆高原駅へ。駅の売店でお土産と食料を買い電車を待ちました。お土産で失敗したなぁと思ったのがホテルの売店で売っていたものが駅では売っていなかったこと。駅の売店といっても結構広い敷地に食事するところもあったりするので「無い訳ないだろう」とタカをくくっていたら見事外されました(笑) 弁当は結構な値段でしたのでサンドイッチで済ませました。

さて行きは東京駅始発でOさんが計画を立てていたお陰で快適な時間を過ごせましたが帰りはどうでしょうか。特急の指定に乗るか、熱海から新幹線か、一旦始発駅まで引き返すか、いろいろな選択枝の中またまたOさんの頭にある作戦が閃きました、それは行きと同じ「普通電車グリーン作戦」。時間は少々長くなりますが座れるのにこしたことはないですね。途中の駅で乗り換えをするのですがこの時の電車で「始発を待って乗る」ということまでは時刻表を見れば誰でも思い付くでしょう。ですがOさんは違います、ここは「普通グリーン」なのです。グリーン券の購入も僕が偶然記念に買っておいた1枚があったため丁度ぴったり買えました(笑)人数的に2階建て車両の下の部分を占領する形で計画を立て余裕で車両を占領できました。ここでもOさん大活躍でした。

席を確保しお昼を食べて落ち着いたところでお待ちかね?のゲームをやりました。M氏がトランプを取り出し何をやろうか思案して出てきたのが
 

*スウェーデンラミー(初) 4人 30分

電車の中でトランプと言えば「ババ抜き」「大富豪」「ページワン」「どぼん」が定番ですが流石はJAGAというべきかやったことないゲームでした。場に数上がりシークエンスになるように順にカードを出していき手札がなくなったら勝ちというもの。点数計算をして数ラウンドで決着を付けました。なかなか面白かった。同じトランプゲームで「スニップ・スラップ・スノーラム」というゲームがあるのですが(こちらは本で読んだだけで未プレイ)これに似ているという印象でした。
 

*オーレ(初) 4人 30分

次はTさんのカードゲームボックスよりお借りしました。感覚としては変わり大富豪でしょうか、2段階にカードの強さを判定する仕様になっていてその両方ともハイカードであれば連続してカードを出せることと、カードの上下でそのラウンドのカードの強さ順を選択できるのが新機軸ですね。今回少ししかできませんでしたが機会があれば再度やりたいです。
 

*スカート(初) 3人 30分

「オーレ」をやっている途中で一人が睡魔に襲われ脱落。次のゲームを探していると「なんでここにスカートデックが」といいながらM氏がズボンのポケットから取り出しました。難しそうだけどやったことがないのでやってみたいという僕の希望もあって説明してもらいました。

自分でルールを読んでみた時もそうでしたが説明が大変、今回知っているのはM氏だけで、旅の疲れからか説明を聞きながらうとうとしてしまったので説明する方もされる方も大変でした。ビットをする時「麻雀の役の感じ」というのが説明を聞いてて分かりやすかった。とりあえず数回やりましたが旅の最後に「スカート」はきつかったですね(笑)

3日間に渡り初プレイのゲームがたくさんあったし、1856もプレイできたし、トランプの面白さを再発見したし、バックギャモン、シグマファイルのクラシックゲームもできて本当に良かった。とても充実した合宿でした。また来年も参加したいです。

*** Shun. / VZB10150 ****
 

--------
2020/11

来年も参加したいと書いておきながら、次の年にちょうどMtGにはまって合宿に参加する予定だったお金をブースター2ボックス分に使ったんだっけなぁ。まだ渋谷にDCIのトーナメントセンターがあった頃の話。

スウェーデンラミー(1)
このゲームもどんなゲームだったかさっぱり忘れてしまいましたのでどなたか遊ばせてください(笑)

オーレ(3)
20年の時を経て?最近注目を浴びてTLにもよく目にするようになりました。自分の印象は変った大富豪くらいな感じで最近の熱狂度とは遠い場所にいるなぁ、という思いですが人の思いを否定することはしません。オーレを大いに盛り上げていただきたい。個人的に大富豪の系列であれば「ウシとロバ」「ピーパー」がお気に入り。「ウシとロバ」は気になった時にはもう絶版でしたのでリメイクの「ヴァンパイア・クイーン」を持っています。「ピーパー」はいつだったかのゲームマーケットでお披露目してて、当初日本語ルールが壊滅的に破綻してて試遊してまったく面白くなかったんだけど牌の構成に汎用性があるなと思ったのと最初に売っていた金額の半額で処分していたのを痛ましく思って購入しました。あんな重たい荷物を海外に持って帰るのってやるせないじゃないかという感じで。日本のルールには存在しない手番順を無視できる「ボム」が特徴的ですよね。

スカート(3)
自分の合宿のときに深夜に草場さんからみっちりルールを教えていただいて遊びましたがまた忘れてしまいました。ビッドの仕方がとても独特でウィズ1とかウィズアウト2とかの用語が未だ呪文のように思えます(笑)

-ボードゲーム
-, , , , , , , ,

© 2021 Shun.のボードゲーム日記