ファーストインプレッション ボードゲーム

グーテンベルク/Gutenberg ファーストインプレッション

キックスターター発の活版印刷をテーマにしたゲームを軍師さんに遊ばせていただきました。

1ラウンド5つあるアクションへ衝立の裏で各々パワーを割り振り、パワーの強い順にアクションを解決していくというタイプのシステムです。パワーアクションプロットとでも言うのかな? 全く同じシステムのゲームは今すぐには思い当たらないのだけど、めちゃめちゃ斬新! という感じでもなかったです。アクションにパワーを割り当てないと一切そのアクションはできなくなるのですが、1つでもパワーを入れておくとそのアクションの手番順は遅くなりますが何かしらのアクションはできるということになります。

とは言っても目標達成のためのレシピを入手するアクションでは、狙った目標を手に入れるためには他プレイヤーよりパワーを多く配分しなければならないでしょう。はたまたゲームをより優位に運べるようになる歯車(技術)も、より良いのもが取りたいと思うので毎ラウンドどのアクションにどれだけパワーを割り振るか悩まされます。


軍師さんが独自に100均で仕入れた小物も大活躍~
 

テーマである活版印刷の部分は、目標達成するための重要なリソースとなります。リソースは一度使用して無くなる消耗品のインクと活版があり、活版は何度使っても無くなりませんが、毎ラウンド1度のみ使用できます。また活版の購入はフリーアクションですが所持数が多くなればなるほど高くなっていき、活字自体はゲーム終了時にいくつ持っていても勝利点は寄与しません。高コストを顧みず活版をたくさん集めて個人目標達成をガンガン回しても良いし、逆にコストをかけないで全体目標をメインに達成していくやり方も取れます。

ゲームは規定ラウンド行って終了となります。技術タイルの歯車が目を惹きますね。

今回4人プレイ ルール説明40分 プレイ125分 勝者はこうだいさん、お見事でした。
 

軍師さんありがとうございました!
 

1,500円以上のお買い上げで送料無料!通販ショップの駿河屋
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

-ファーストインプレッション, ボードゲーム
-, ,

© 2022 Shun.のボードゲーム日記