ボードゲーム

2000/08/06 玉屋

24175/24500 VZB10150 Shun. 8/6Tさん主催ゲーム会
( 5) 00/08/12 01:05 コメント数:1

さくっと行きましょう。

今回遊んだゲームは
「チャオチャオ(初)」「バンパイア(初)」「アルカトラズ(初)」
「ジレンマ(初)」「ビバ・ビーバー(2)」「ボイスマネジャー'99(2)」
「ラ・チッタ(初)」です。
 

*チャオチャオ 3人 30分

面白い。もう一回。
 

*バンパイア 4人 50分(3ディール)

面白い。さすがクニッツア。バランス良し。
 

*アルカトラズ 4人 50分

このゲーム会には辛いか。アブストラクトというか多人数パズルというか。
 

*ジレンマ 4人 40分

面白い。軽い。
 

*ビバ・ビーバー 4人 40分

面白い。3回とも倒れた。点数数えなかった。爆笑。
 

*ボイスマネジャー'99 6人 80分

本家と合わせて2回目。面白い。大爆笑。
 

*ラ・チッタ 5人 150分

面白い。人口管理が大変。買い。

*** Shun. / VZB10150 ****

--------
2020/09

よほど疲れていたのか初ゲームも一言しか書いてなくて自分で笑ってしまう。

チャオチャオ(3)

サイコロの出目の嘘をついて進むレースゲーム。嘘はつく必要はないんだっけ?「×」が出たら強制的に嘘をつかないといけないんだったかな。こういう直接的に嘘をつかなければならないルールは苦手だなぁ、「セブンスペード」も然り。だけど「ベリシ・ネ・ベリシ」はなんか好き。
 

バンパイア(6)

大好きクニッツア先生のカードゲーム。イラストがまんまドラキュラでおどろおどろしいですが、やっていることは簡単なカードコレクション。ちょっとしたジレンマが良いですね。
 

アルカトラズ(1)

難攻不落の刑務所から看守の目をかいくぐり脱出するゲーム。運の要素はなくガチガチの多人数アブストラクトで、目的が点数を重ねていくタイプではなくそのまんまコマをボード上から脱出させることなので邪魔がしやすいところが玉に瑕。自分の番が回ってくる間に3手も邪魔されたら絶対無理と感じるもの。まあ、難攻不落というところをゲームに上手く落とし込んだと言えばそうなのでしょう(笑)
Alcatraz (1999) F.X. Schmid
 

ジレンマ(1)

いやぁ、これまたタイトル通りド直球のゲームでしたね(笑)
 

ラ・チッタ(8)

初見は「シムシティ」をボードゲームで遊んでいる印象ですね。自分の街の魅力が高いと近隣の他プレイヤーの街から人口がなだれ込んできて、人口=得点なので嬉しいのだけど、それだけ食料も必要になるので流出・流入の予想を加味してぎりぎり必要な食料を調達するコントロールが厳しくも楽しいゲーム。特殊カードのパンと楽団ばかり場に残ってしまい、ゲーム全体が硬直してしまう傾向にあるので、同じカードが〇枚溜まったら強制的に流すというアレンジをお勧めします。

ボードゲームチャオチャオ 日本語版 (Ciao Cial)

ボードゲームラ・チッタ (La Citta) [日本語訳付き]

-ボードゲーム
-, , , , , , ,

© 2021 Shun.のボードゲーム日記