カラオケ

2020/09/25 KeyTubeが凄かった

最近結構な頻度でカラオケに良く行くようになってまたボイトレに興味を持ち出したのでYouTubeで何か自分に合った動画はあるかなと探してみたら大量に見つかり、ボイトレ界隈では有名?なのだと思うので今更紹介などしてもと考えてみたのだけどここの読者はボードゲーマーがメインだからたまにはこんなもの良いかなと思い直してつらつら書いてみます。

トレーナーさんに良くくる質問で「自分に合った曲がどれかわからない、教えて欲しい」というのがあるそうで、ま、普通はそうですよね、私も専門的な知識があるわけではないのでいろいろな曲を歌ったり試行錯誤しながら探すのが普通と思うのですが、教わる側から見れば先生というものは絶対的な答えを持ち合わせているものと信じてやまないものなのでしょう。
そんな質問に応えるべく?アップされた動画が↓。自分に合った曲を探す前にまずは自分の声の音域を調べましょうというもの。動画を見ながらピアノの音に合わせて声を出していくだけで自分の音域がわかります。こんな基礎的なことでさえもなんか目から鱗です。

ボイストレーナーと音域チェック!あなたの声は何オクターブ?

で、この動画の中でちょっと検索してみてと紹介していたのが自分の音域を登録すると選んだ曲が原キーのまま歌えるのか、+-の調整で歌えるのかということを教えてくれるサイトがとても凄かった。

J-POP攻略サイト KeyTube
https://keytube.net/

個人情報などの登録はしなくて良く、単にさっき調べた音域の最低音と最高音を選択するだけでその曲が歌えるか歌えないかを判断してくれます。YouTubeにMVがアップされている曲限定ですが、MVを流しながら歌詞も同時に表示して練習できるのでカラオケアプリとかなくても家で練習できちゃいます。これって凄くないですか?とても感動してしまいました。

ちなみに私の最低音は「mid1E」で最高音は「hiE」、男性ボーカルの曲より女性ボーカルの曲の方が歌いやすいなとなんとなく思っていたけど、これを見るとだいぶキーが高い方に寄っていることが一目でわかって驚きとともに納得というか腑に落ちました。

いきものがかりの曲のほとんどがとても歌いやすいと何気に思っていたのが、自分の音域に当てはめてみるとぴったり合致しててアハ体験。いつも喉慣らしに一曲目に入れる「Good Morning」は曲の音域が自分の下限と上限から余裕のある範囲に丁度収まっていることがわかって、なるほど、だから最初でも無理なく歌えていたんだなと激しく納得したのでした。

もう10年以上も前のボイトレというかボーカルトレーニングレッスン日記https://mixi.jp/view_diary.pl?id=915362444&owner_id=1543362&org_id=914408781

またプロにいろいろディレクションして欲しい!(笑)

-カラオケ
-

© 2021 Shun.のボードゲーム日記