ボードゲーム

2021/04/24 山田さんプレゼンツボードゲーム会

この日は取手ハウス合宿でお世話になった山田さんにお呼ばれしてクローズ会。地元が最寄り駅で3駅くらいしか離れてなく個人的にとても馴染みのある土地でしたので懐かしさとともに自転車で向かいました。メンバーはKazuna*さんととけいさんの計4人です。

今回遊んだゲームは
ガンジスの藩王(16)
ヴァルドラ(初)
マグニフィセント(2)
です。
 

ガンジスの藩王 4人 説明25分 プレイ100分

3月の合宿で一度遊んだときに山田さんがお気に入りになり、今日はひとまずこのゲームを遊ぶことになっていました。基本セットの中に最初からいくつか拡張モジュールが入っているので何度でも少しずつ新鮮な感覚で遊べます。基本ルールではサイコロの目の2が強い印象なのですが、拡張ルールを入れるとそれが緩和されてより楽しくなるのでまた遊びましょう。ゲームの方は初プレイにも関わらず勝利点トラックを振り切ったKazuna*さんが勝利しました。このゲームでトラックを振り切ったのを見たのは初めてでしたのでとてもびっくり(笑) お見事でした。


 

ヴァルドラ 4人 説明15分 プレイ65分

「王と枢機卿」があまりにも輝いているため良いゲームなんだけど埋もれている作品が多い印象がある2009年シャハトさん作品。ゲームを特徴付ける独特なコンポーネントがあるのですが、このコマを作り過ぎてしまったので同じようなシステムでテーマを変えて「アフリカーナ」というゲームに使いまわしたそうです。

システムはピックアンドデリバリーで良いのかな。いろいろな地域でリソースを集めてそのリソースを使って勝利点となるカードに交換していくというあれです。ボードのマップの配置が内周と外周に大きく分かれていて、レーンを移るときのコストが高いのでなるべく同じレーン上で効率良く周りたいですね。タイミングにより欲しいリソースが近くになかったり交換する先がものすごく遠くにあったりとなかなか思うように上手くいかないところが悩ましくも面白かったです。勝者はKazuna*さん、お見事でした。


 

ここでティータイム。美味しいケーキをいただいたのですが画像を撮り忘れ、悪しからず。
 

マグニフィセント 4人 説明25分 プレイ135分

3月の合宿でとけいさんに初めて遊ばせていただいた「マグニフィセント」を遊びました。このゲームのシステムはなんというか一言で言うのが難しいユニークなものですね。箱絵の怪しさと相まってとても良いです(笑) 前回はとけいさんにしてやられたのでリベンジです。やりくりが上手くいってぎりぎり勝ったんだっけな?メモにKazuna*さんと2点差とだけ書いてあって最終的にどっちが勝ったかわかりませんがとても楽しかったです。いやぁ、今日のゲームKazuna*さん全て初回なのにとても強かったです。お見事でした。
 

山田さん、Kazuna*さん、とけいさんありがとうございました!
 

ボードゲーム[日本語訳無し] ガンジスの藩王 多言語版 (Rajas of the Ganges)

ボードゲームヴァルドラ (Valdora) [日本語訳付き]

ボードゲームヴァルドラ 拡張セット (Valdora Extra) [日本語訳付き]

ボードゲームマグニフィセント (The Magnificent) [日本語訳付き]

ボードゲーム王と枢機卿 日本語版 (Kardinal&Konig)

ボードゲームアフリカーナ (Africana) [日本語訳付き]

-ボードゲーム
-, , , ,

© 2021 Shun.のボードゲーム日記