ボードゲーム

2000/11/12 ボードウォーク

24918/25000 VZB10150 Shun. 11月12日ボードウォーク
( 5) 00/11/18 03:09

11月第2週は土曜がGCM日曜がボードウォークの連ちゃんですがこの週は初めてGCMの方に行ってみようかなと思ったら一週ずれてて開催していなかったのでボードウォークに参加することにしました。行こうと思った朝に場所を確認するためにパソコンを立ち上げて詳しく読んでみてGCMが開催していないということがわかりましたので確認しないまま家を出ていたらだいぶ時間をロスすることろでした。あぶないあぶない(笑)
 

今回遊んだゲームは
サンフランシスコ(初)
タキ(5)
ビバ・ビーバー(3)
ノミのサーカス(3)(4)
あやつり人形(7)
カフナ(初)(2)
ジンラミー(3)
です。

今日はタキ大会がありので大会開始の15時までに終わるものをと思って最初に選んだものがメビウス便最新作の「サンフランシスコ」でした。ルールと田中さんの報告を読んで期待大のゲームです。
 

*サンフランシスコ 5人 90分

今回はゲームを入手してから十分時間があったのですがルールを読み込む時間が取れず、ルール説明ができるか不安でしたが一度遊んだことがあるTさんに助けられスムーズに進みました。

基本のシステムは「競り」です。入札方法が3種類あって、まず影響力カードを使う「ハゲタカ方式」。0~9までのカードをプレイヤーが一斉に出して数字の多い人が勝ち、ただし同じ数字が出たらキャンセルされるというものですね。使ったカードは毎回手許に戻ってくるので毎回キャンセルしまくりで全然いいとこがなかったです(笑) 少々複雑になりますが競りの度にディスカードして手札が5枚以下になったら補充したらどうでしょうかね。えーい、ここまでくればいっそのこと「スカイランナー方式」でもいいじゃないの。「おんぶカード」ならぬ「スパイカード」とかね。「カポネ」の「おつき合いカード」でもいいや(笑)。

お金の競りはReiner Kniziaさんの「ハイソサエティ」方式、一旦見せたお金は手許に戻せないです。これはそのまんま同じルールです。

3種類のタイルを使っての競りは「バサリ」。2人以上がバッティングしたらお金で競る。この時の競りはお金5枚までの一発勝負。「貴族の務め」のコレクション見せびらかしと似て非なる感じかな競り勝ってもコレクションは失われないですが。または「レーベンヘルツ」でバッティングしたときの処理にも似ていますね。

これに土地開発ができたラウンドにはアクションカードが乱舞します。こうやって書いていると結構盛り沢山、贅沢なゲームという感じがするでしょう。

「ダウンタウン」の延長複雑バージョンかなと思っていたらちょっと感じは違いました。「はげたか方式」の競りで何度もキャンセルに会い全然いいとこなし、囲おうとした場所がみんなとだぶらないように陣取っていたので手数がかかり後半までずーっと0点でした。ゲームのテンポが思ったより早かったですね。お金の遣いどころと影響ポイントの遣いどころが皆さん検討違いな感じを受けました。Mさんは最後に50万くらい持っていましたし、やはりもっとゲームの進行が遅いと思っていたのではないでしょうか。

アクションカードの処理中に街が開発されるとまたアクションカードを引かなければならないので(アクションカードの枚数はゲームの進み具合と一緒)あれよあれよと言って
いる間にどんどん時間が過ぎてしまいます。競り勝つ人が少なく、ボード上がもっと賑やかになればいいなと思いました。全部の場所が開発されるまでやるとかね。ただ今回みたいにバッティングしまくりの人はどんどん点差が開いていくので長引けば長引く程嫌になるかも(笑) その点でサクッと終わる分にはいいのかもしれない。でも全部とは言わないまでもあとちょっとアクションカードの置く数を増やしてやってみたいですね。ぼろ負けだったので印象悪いです(笑) お金の使い所を掴んでもう一度遊んでみたいです。
 

*タキ大会 第8テーブル 6人

なんだかんだでタキ大会3度目です。今回は「サンフランシスコ」を中断しての大会だったのであまり決勝に進みたくないなと思い2割くらいやる気を落としてやったらテーブル最下位。これじゃあ気合い入れてやってても予選通過はありえませんでした(笑)
 

*ビバ・ビーバー 4人 40分

都市開発メンバーが一人決勝に残ったので待っている間の軽いゲーム、「ドルチェビータ」とどっちを遊ぶか迷いましたがビーバーになりました。草場さん曰く「どちらも最初は面白い」とのことでした。僕は「ドルチェビータ」は機会なくまだ未プレイです。ビーバーは面白いですよ(笑)

初プレイの方が2人いたのかな?やはり初プレイだと「どれくらいで倒れるか」が分からないからいつもびくびくした手つきになりがちです。僕はそれを含めて楽しんでいます。今回は机もまっすぐだったし4人ともゲーマーらしいので3回とも倒れませんでした。倒れないと分かっていても「倒れないかな、倒れないかな?」と期待してしまうゲームです。勝ち負けよりもこの期待感と他の人の手つきを見てるだけでいい(笑)

続きます。

*** Shun. / VZB10150 ****

24955/25000 VZB10150 Shun. 11月12日ボードウォーク2
( 5) 00/11/22 01:10 24918へのコメント

続きです。
 

*ノミのサーカス 5人 40分

「ビバ・ビーバー」の流れで軽いゲーム。このゲーム、説明書にはラウンド制ではなく1度でおしまいとなっているので遊んだ回数は必然的に多くなります。所詮坊主めくりと言われるからかな?? ゲームは2回ともKさんがトリオを公開せずサーカスを開催して勝利。こないだ「かんぽ」でやった「ラ・チッタ」も勝ってたしなにげに強いですねこの人(笑)
 

*あやつり人形 5人 80分

年末になると今年のゲーム大賞とか気になる頃ですが今年の一押しはこれかな。すでに定番の域、結構遊んでいるなという印象。ゲームの方は初め手に持っていた札に2枚伝道師のものがあったので伝道師先攻で行き、途中でコストがかかる建物を一気に立てようと商人を選んだら3回くらい殺されてあえなく撃沈。んー、よくばりはいけないですねぇ(笑)
 

*カフナ 2人 40分

以前から遊びたいと思っていた2人用ゲームをやっと遊べました。噂に違わず面白いですね。相手の手札を覚えるのと溜め込んだ札をいつ一気に使うかが鍵かな。今回冴えていたのか2回とも勝ちました。
 

*ジンラミー 2人 40分

ジンラミー自体3回目ですがまともに遊んだのは今回が初めてです。「カフナ」の流れで引き続きYさんに遊んでいただきました。まともに遊んだことがないのでルールうろ覚え状態で少し草場さんに教えていただきました。ルール的には草場さんとJAGAで遊んだ時にSさんから教わったものが混ざっていたと思います。ルールはこれでいいのかな?と思いながらのプレイでしたが結果結構僅差でそれなりの形になったので良しとしましょう。

*** Shun. / VZB10150 ****

--------
2020/10

サンフランシスコ(3)

いろいろな種類の競りのミックス加減が上手く機能していないなぁ、という印象のまま手放してしまいました。今遊んだら良いバリアントが思いつくのだろうか(笑)
 

カフナ(2)

とても良いゲームなんだけど2人ゲームだからオープン会ではなかなか出しどころが難しいです。合宿の深夜にまったりと遊びたい。
 

↓安かったのでカートに入れていたのですがいつしか売れてしまいました。入手できたらPTA会に持っていきたかった(笑)
ボードゲームサンフランシスコ ドイツ語版 (San Francisco) [日本語訳付き]

ボードゲームスーパータキ (Super Taki) [日本語訳付き]

ボードゲームココタキ (Cocotaki) [日本語訳付き]

ボードゲームビバ!ビーバー (Mein lieber Bieber!) [日本語訳付き]

ボードゲームノミのサーカス 日本語版 (Circus Flohcati)

ボードゲームノミのサーカス (Circus Flohcati) [日本語訳付き]

ボードゲームあやつり人形フルセット ドイツ語版 (Ohne Furcht und Adel) [日本語訳付き]

ボードゲームあやつり人形クラシック 完全日本語版 (Citadels Classic)

ボードゲームあやつり人形新版 完全日本語版 (Citadels:2016 edition)

ボードゲームカフナ (Kahuna) [日本語訳付き]

ボードゲームカフナの島々 完全日本語版 (Kahuna)

--------

検索用メモ

182.サンフランシスコ(初)/San Francisco (2000)
018.タキ(5)/Taki (1985)
129.ビバ・ビーバー(3)/Mein Lieber Biber (2000)
156.ノミのサーカス(3)/Circus Flohcati (1998)
156.ノミのサーカス(4)
120.あやつり人形(7)/Ohne Furcht und Adel (2012)
183.カフナ(初)/Kahuna (1998)
183.カフナ(2)
085.ジンラミー(3)/Gin Rummy (1909)

--------

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

-ボードゲーム
-, , , , , , , , , , , , , , ,

© 2022 Shun.のボードゲーム日記