ボードゲーム

2004/11/14 かんぽ

今回遊んだゲームは
ゼロ(9)
プエルトリコ(6)
6ニムト(5)
秘密のシグナルでポン(初)
ゴイルドブロイ(初)
バカりんご(初)
です。
 

*ゼロ 5人 30分

カード構成の汎用さから私としては「ゼロ」を「ゼロ」として遊ばれることが少ないゲーム。ま、それでも9回も遊んでいますね(笑) 今回もドメモ用かプレイヤーマーカー用にと持ち込みましたが久しぶりに「ゼロ」を遊びました。数えてみますと実に4年振り、9回遊んだ内「かんぽ」で遊んだ回数が6回と、なぜか私の「ゼロ」はかんぽ例会と相性が良いようです。結果は5ラウンド行い最下位。ノックを2、3回打ったものの皆さん結構早めの段階でゼロ上がりが多く、もたもたしている間に終わってしまったことが多かったです。


 

*プエルトリコ 5人 120分

例会初参加のYさんのリクエストがありプエルトリコを遊びました。5人で遊ぶのは初めて。プエルトリコはゲームを取り巻く環境がハードなため、やれば面白いことは分かっているのだけれど敬遠している方も多いと思います。今回は(たぶん)私が最多数経験者のようで口出しはしないという約束の元、和気あいあいとゲームを遊びました。丁度私の上家が初プレイのYさんでしたので口出しはしないと言いつつもいろいろアドバイスをしてしまいました。他の方が考え込んでいる場面で状況が見えると思わず喋りたくなってしまいますね。ま、私を縛る方法のみアドバイスしていたつもりですのでなにとぞご勘弁のほどを。結果は4番手の私がコーン大量生産で逃げ切り勝利しました。Yさんは早速はまったようで、2回戦目をリクエストされていました(2回戦は結局やりませんでした)。


 

*6ニムト 10人 10分

全体ゲーム開始までの時間調整で1ラウンドのみ6ニムト。回数は5回カウントしていますがまともに遊んだことは無いかも。いかんですね(笑)


 

*秘密のシグナルでポン 10人 60分

11月の全体ゲーム。例会初参加の方がいらっしゃるのでMYAさんが全体ゲームの主旨を説明しました。「かんぽ」では夕方5時頃から参加者全員でゲームを行います。スタッフ間での人数調整を除き参加者は強制参加です。「MYAさんがこんなゲームを考えたけど、面白いか試したい」というのが主旨なので面白さの保証は全くありません。MYAさんはこの全体ゲームを遊びたいがために「かんぽ」例会を主催しております(笑)。好みは分かれましょうが、こう言い切るのは潔いですよね。ゲームにより多少の当たり外れはありますが、何回も参加した印象ではつまらないものは無かったです。前回のような酸欠になるくらい大爆笑したゲームもあり、試しに遊ぶゲームだからといって気が抜けません。また全体ゲームの勝者には1回分の参加費無料チケットがもらえますので(それ以上の賞品が出る時もあり)皆さん真剣です。さて今回のゲームはあるお題に沿った自分の回答をプレイヤーそれぞれ書き、その秘密の回答を当てるというもの。当てるチャンスは3回で、1回目より2回目、2回目より3回目に当ててもらった方が高得点。当てられなかったら0点なのですぐに当てられてしまう簡単な回答では点数は低いし、難しすぎて当てられなくても0点ということで各自微妙なセンを狙いましょうということです。お題は「アメリカの州」「ロボットが出てくるアニメのタイトル」「[か]で始まる有名人」の3つ。得点計算上「フラッシュ」と同じくお題に沿っていない回答でも答えが合えば得点になります。「有名人」のお題では各自の個性が炸裂した回答で、私は半分以上誰のことだか分からない方でした(アニメ声優ですか?)。
 

*ゴイルドブロイ 4人 100分

届いたばかりの11月メビウス頒布会ゲーム。夏の3週間にビールを売って儲けようというゲーム。ルールを読むと「バサリ」のような印象を受けました。バサリより要素が多いです。面白いのは他プレイヤーとバッティングした時の処理の違いですね。「バサリ」はバッティングしたらその回はお休みで非常に痛いですが、「ゴイルドブロイ」ではバッティングしてもアクションは行えます。その代わりバッティングしなかった場合はアクションが2回行えるということになっています。得点計算は都合3回行います。掛け算と割り算を繰り返し行いますので少々面倒くささを感じるかもしれませんが、子供の計算力を高めるためにはとても都合が良いのでぜひ子供にやらせましょう(笑)


 

*バカりんご(初) 11人 25分

「バカカード」のカードを使って「アップル トゥ アップル」をやろうというもの。システムはまんま「アップル トゥ アップル」ですが「バカカード」に敬意を表し別ゲームとしました。これだけのカードを作るのは本当に労力のかかることと思います。

--------
2021/04

この日記からmixiを始めるまでの短い間ですが、play:gameのトップページに掲載していただくことになりました。もう何年も前のことなので検索しても出てきません(笑)


 

ゴイルドブロイ(1)

ゲームには直接関係ないのですがコンポーネントにジョッキを置くコースターが入っていて雰囲気抜群なのでした。私は手放してしまいましたが夏の3週間期間限定でビールを売りまくるというテーマは今遊んでもとても面白いと思います。
 

ボードゲームゼロ 日本語版 (ZERO)

ボードゲームプエルトリコ ドイツ語版 (Puerto Rico) [日本語訳付き]

ボードゲームプエルトリコ14 ドイツ語版 (Puerto Rico) [日本語訳付き]

ボードゲーム6-ニムト ドイツ語版 (6-Nimmt) [日本語訳付き]

ボードゲームニムトボードゲーム (6 nimmt Brettspiel) [日本語訳付き]

ボードゲームゴイルドブロイ (Goldbrau) [日本語訳付き]

ボードゲームアップル・トゥ・アップル 日本語版 (Apples to Apples)

-ボードゲーム
-, , , , , ,

© 2021 Shun.のボードゲーム日記