ボードゲーム

2006/07/30 はらげー

30日は、はらげーに参加させて頂きました。12時スタートで予定より早く着いたのでみずるさんに留守番をお願いして買い物に出かける。欲しかったのはバイシクルのブリッジサイズだったのですが、イエサブにはなく、ハイパーにもなく、普通のおもちゃ屋で扱っているものということでヨドバシまで足を伸ばしてみましたが、置いてあるものはポーカーサイズばかり。ああ、ヨドバシお前もか。奥の方に1つだけ見つけましたがポーカーサイズより高いのは訳がわかりません(笑) 需要があるからなのかないからなのか。

さてそんなこんなで12時をちょっと過ぎてしまって会場へ戻ると、水曜会で出会った顔がちらほら。皆元気そうだねぇ。こちらのテーブルはろしあ忍さんが少し遅れるということでまず3人で旧作名作を軽く遊びました。
 

*皿洗いゲーム 3人 10分

表に食事前のイラスト、裏を返すと食事後のイラストが描かれているタイルを使って、汚れた食器をできるだけ他の人に押し付けて、皿洗い当番を避けるゲーム。箱にはゴム手袋が入っていてシャレっけたっぷり。

タイルが全部裏返されると完全情報ゲームになってしまいますが、それまでの過程で、何の色が残っているとか、積み重なった食器の山の行方を考えているのが楽しい。簡単・単純でとてもキレのある面白いゲームでした。惜しむらくは、絶版ということですね。コンポーネントはタイルのみなのでどうしても遊びたい場合は自分で作るしかないな。
 

今回遊んだゲームは
皿洗いゲーム/Who Is Going to Do the Dishes? (1991)(初)(2)
ミケリノス王/Mykerinos (2006)(初)
アクエリアス/Aquarius (1998)(初)
ロコ(フリンケピンケ)/Wildlife Safari (1994)(7)
エル カバレロ/El Caballero (1998)(初)
ボンガル/Wongar (2000)(9)
チグリス ユーフラテス 王たちの戦い/Euphrates & Tigris: Contest of Kings (2005)(初)
です。
 

*ミケリノス王 4人 説明25分 プレイ60分

テーマは遺跡発掘で、特殊能力を持ったパトロンをうまく利用して得点を稼ぐゲーム。ルイ14世まで複雑ではないけれど、ちょっとひねった部分がある自分好みの陣取り。ルール説明聞いている時からあれこれ考え出して、それはもうワクワクでした。

狙い通り博物館で5点を2ヶ所取ってから後半までプランに大幅なずれもなく、最終的にパトロン5枚組のセットが1つ余計に出来てトップでした。ん~、箱も小さいし、欲しいかも(笑)
 

*アクエリアス 4人 説明2分 プレイ10分

同じ絵柄のカードを繋げていき、自分に割り当てられた絵が7枚連続で置かれると勝ち。なのですが、例によって例のごとく特殊カードの存在がバカゲーにしているとのことです。すなわち、手札を誰かとまるごと交換したり、ゴールを交換したり、ゴールをシャッフルしたり(笑)

だけど、今回はそんなにおバカな展開にはなりませんでした。私は一度ゴールカードがシャッフルされた後、リーチ目に近いゴールカードを引いてきたのでなるべく特殊カードを使わず手札に抱え込み、そのカードを伸ばすことに専念しました。これが功を奏したのか誰にも気づかれず邪魔されずに7枚繋げることができ勝利しました。

ぱんぱかぱ~ん。このゲームはカタンを知ってから遊んだボードゲーム及びカードゲームの500種目となりました。途中MtGで抜けたことによりあいまいなカウントではありますが500種目とさせていただきます。って誰に向かって言っているんだか(笑)
 

*ロコ 4人 10分

フリンケピンケの別名前バージョン。0点になってしまったチップが多く今回もだめでした。フリンケピンケってもしかして勝ったことないかも。
 

*エル カバレロ 4人 説明20分 プレイ95分

「カルカソンヌ」の元になった(?)ゲーム。ちろるさんの「草原に死体が転がっているゲーム」という説明で「カルカソンヌ」と通じてしまうぬまっちさんはすごいと思います(笑)

箱絵と「エル~」という語幹から「エル グランデ」の姉妹品ということは容易に連想できますが、「エル グランデ」とはかなり違った陣取りです。「エントデッカー」のようにタイルを敷いて、主張の仕方もタイルを隣接することにより行いますが、この「タイルを隣接して主張する」ということが最後までうまく消化できずに、ダメダメプレイの連続でした。結構お気楽なゲームと思いきや、重たいゲームでしたね。箱の中身はスカスカでしたが(笑)
 

*皿洗いゲーム 4人 12分

名作を今度は4人で。Raelさんの言うように4人だともっと面白いかも。今回は皿が1つの山に集中していき、それをなんとか避ければ勝てる状態で、ちろるさんが最後にくらって皿洗い決定となりました。
 

*ボンガル 4人 説明10分 プレイ90分

やや重陣取りの中で一番好きなゲームを大好きなメンバーと。自分なりの戦略を持って望みましたが、ちょっと仕掛けるのが早かったかな。最終段階で中央に3種類全部取れる状態までには持っていけたのですが、先祖が反対側にいて、あと1回の儀式が出来ず。

中盤でトップに立ち、ちょうど叩かれている最中にゲームエンドがきて最下位に。こんなはずではぁぁ。でもこのゲームをこんなに笑いながらできるなんてとても幸せです。次は「白蓮」遊びましょうね(笑)
 

*チグリス ユーフラテス 王たちの戦い 4人 説明20分 プレイ30分

本家のボード版は持っていますが未プレイ。一度遊んでおかないとと思いつつ未だ遊べていません。そんなチグユーの世界をより簡単に楽しめるカード版といったところでしょうか、「プエルトリコ」に対する「サンファン」のような。基本的なルールは難しくないと思うのですが、似て非なる状況で少しずつルールが異なるのを理解して戦略まで展開させるのは難しいと思います。今回は時間がなく途中打ち切りでしたが、次はもっと時間があるときにじっくり遊びたいです。

アフターは初の海峡へ。から揚げと日本酒とたくさんの話が聞けて満足、満足なのでした。遊んでいただいた方ありがとうございました。また遊びましょう!

--------
2021/08

皿洗いゲーム(2)

知る人ぞ知るゲームであったものがメビウスさんで「お先にしつれいしま~す!!」としてリメイクされましたね。短い時間でわいわい楽しめるので2時間級のゲームの合間に丁度良いと思います。まさかこのゲームが?!というところでは「冷たい料理の熱い戦い」やNGOさんの「ヴァス シュティッヒ」や数奇GAMESさんの「知略・悪略」のときも発表があるたびに驚きました。
 

ミケリノス王(1)

どんなゲームだったかまったく覚えていないのでBGGで画像をいろいろみたのですがそれでも思い出せませんでした。なんかマンカラシステムを使っているようにも見えましたが本当のところはどうでしょうか。play:gameでの皆さんのコメントが良い評価ばかりなのでもう一度遊んでみたいですね。
 

アクエリアス(1)

これは何となく覚えています。カードに描かれている絵柄の大きさがまちまちなので絵柄を繋げるのがちょっとパズルチックな印象ですね。ぱんぱかぱ~ん、と500種目を宣言していますが今のカウントでは509種目となっています。基本スプレッドシートでゆるく管理しているので、そう言えばこのゲーム遊んでいたなとか後々になって追加されることもあり、現在500種目は「ケイラス」となっています。とは言え、幼少の頃にめっちゃ遊んだ「億万長者ゲーム」「バンカース」「社長ゲーム」「20世紀大予言ゲーム」、ジョイファミリーシリーズの「ドラキュラゲーム」はカウントに入っていないし途中終了になったゲームを数えたり数えなかったり、拡張を別ゲームとカウントしたりしなかったりと結構そのときの気分で改変し続けているのでまた変わるかもしれません(笑) 一応、「カタン」を知った後で身内以外の方と遊んだゲーム、という基準で数えています。
 

フリンケピンケ(9)

今回初プレイではないのですが思うところがありましたのでつらつらと書いてみます。このゲームのタイトルは当時も既にいろいろな別名バージョンがありました。ゲームの内容は同じなのですけれど、「クワンダリー」という名前のものが箱が一番大きく豪華です。確かPANTAさんに遊ばせていただいたなぁ。私が最初に遊んだときは玉さんに教えていただいた恐らく初版の「フリンケピンケ」だと思います。「チップを置いた列のカードは取れない」という誤訳だったか初版のみのルールだったかで、でもその縛りはピリリとスパイスが効いてて良いよねということでローカルルールで採用していたんじゃなかったっけか。すみません、最近遊んでいないし現物を持っていないので最近のルール記述がどうなっているかも確認できません。今度どこかで確認してみようかな。今play:gameで調べただけで「トール」「ロコ」「ボツワナ」「ワイルドライフ サファリ」の別名バージョンが確認できました。一番最近、と言ってももう5年も前ですが、その時アソビCafeで遊んだバージョンが「ボツワナ」でした。何度も蘇る不朽の名作ということで、今後もリメイクされるのか期待しちゃいますね?(笑)
 

エル カバレロ(1)

今自分の感想を読んで「カルカソンヌ」の上位バージョン的な位置づけのようだということがわかりました(笑) ちょっと複雑で理解していなかったようなので今一度遊んでみたいですね。
 

チグリス ユーフラテス 王たちの戦い(1)

本家の「チグリス ユーフラテス」も何度か遊んだのみで、最初はこのゲームの楽しみ方というかキモがぜんぜんわからなくてあまり楽しくなかったのですよね。2年前にワタルさんの積みゲーを崩す会で遊んだときに少し面白さがわかったような気がしました。カードの方は途中打ち切りだったのでもう一度遊んでみたいです。
 

ボードゲームお先にしつれいしま~す!!

ボードゲームミケリノス (Mykerinos) [日本語訳付き]

ボードゲームアクエリアス 日本語版 (Aquarius)

ボードゲームフリンケピンケ ドイツ語版 (Flinke Pinke) [日本語訳付き]

ボードゲーム[日本語訳無し] ロコ (Loco!)

ボードゲームトール (Thor) [日本語訳付き]

ボードゲームボツワナ 日本語版 (Botswana)

ボードゲームボンガル ドイツ語版 (Wongar) [日本語訳付き]

ボードゲームチグリスユーフラテス ~王たちの戦い~ ドイツ語版 (Euphrat & Tigris-Wettstreit der Konige) [日本語訳付き]

-ボードゲーム
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 Shun.のボードゲーム日記