ボードゲーム

2020/07/12 大田非電脳系ゲーム倶楽部 第93.5回臨時会

この日はいつもすぐ満員御礼になってしまう大田非電脳へ参加。準備期間が短く、臨時に発足したのでタイミングよく参加することができました。

今回遊んだゲームは
ベストワードクラブ2(初)
ゾンビリーバボー(初)
チェンジホース(初)
競馬マフィア(初)
麻雀(99+)
八八(19)
です。
 

ベストワードクラブ2 4人→8人 説明1分 プレイ23分

お題を出すプレイヤーが一番気に入る言葉を言って選んでもらえると得点する大喜利。ワードゲームは他のワードゲームとの差異がどうしても少ないのでユニークさを出すのが難しいですが、アイスブレイクにもってこいなのでとても重宝しますね。箱も小さいから持っていきやすいし。勝者は圧倒的な演技力でカードをかっさらっていった河原さん、お見事でした。

 

ゾンビリーバボー 4人 説明20分 プレイ16分

お次は固定メンバーが揃うまでひぐたかさんと太田兄弟のお二人にまぜていただいて笹親父さんが放出していたゲームの中から適当に選んで遊びました。これはゾンビゲームなのでルールブック素読みでもなんとかいけるだろうと踏んでのプレイ。良くありがちですが、ルールを読み解くより遊んでいる時間の方が短いですね。ゾンビゲームなのでゲームの展開も良くありがちでした。ゾンビ側チームは「ゾンビリーバボー!」としか喋れないとか縛りがありましたが、いちいちルールの確認をしなければならなかったので機能しませんでした(笑) ゾンビ側の勝利。

 

 

チェンジホース 5人 説明35分 プレイ50分

こちらのゲームに至っては日本語訳がおかしいのでは? ということになりルールを読んでいたひぐたかさんが原文とBGGのFAQまで当たってやっとのことゲームにたどり着きました。最近のオープン会やクローズ会、ボドゲカフェで遊ぶのって誰かが事前にルールを読み込んできている方がいるのが前提で遊ぶのが多いじゃないですか。いやぁ、この感覚は最近とんとなかったのでとても懐かしいとともに嬉しくなりました。ま、初対面の方とこの時間を共有するのはちょっと避けたいなとは思ってしまうけれど。

ゲームは競馬なのですが、「おかしな遺言」のようにテーマが逆です。逆というのはレースなんだけど一番遅かった馬に賞金が出るというもの。なので自分の推しの馬がゴールしないように他の馬を進める必要があります。このテーマは天邪鬼にはたまりません(笑) 最初の理解では果たしてこれは面白いのか??という感じでしたがルールをちゃんと理解してからはとても楽しく遊べました。
 

 

競馬マフィア 5人 説明10分 プレイ30分

続いて国産の競馬ゲーム。鈴木銀一郎先生デザインでご本人も言っているようにクニッツアの「ロイヤルターフ」を意識して作ったとのこと。プラス要素だけでなくマイナスの要素も追加してゲームに厚みを付けています。ただし、ボードのデザインは難ありで、マス目に馬コマがちゃんと置けないのは誰も何も変に思わなかったのかなと思ってしまいます。
 

 

麻雀 4人 45分・70分

受付で他のテーブルの空きを待つ間、スマホのアプリで麻雀を遊んで時間を潰していたらサキさんから「アプリで遊ぶくらいなら卓を囲みなさい!」と激励をいただきメンバーを集めました。大田非電脳の会場は麻雀のセットが常に用意されているのが嬉しい。面子さえ集めればすぐに遊べます。最初の半荘は東場(一局か二局だったかな)で私が飛びあまりにも早く終わったのですぐさま二戦目を遊びました。
 

 

八八 6人 プレイ90分

八八リーグ戦をやっている大田非電脳では毎回八八が立つということでこのゲームもお目当ての一つです。今回は大きなマイナスはなく終わることができました。2枚目の画像は一二四の手役ができたねねこさんの札。こわっ、出てなくて良かった(笑) 勝者はトータル百貫越えのねねこさん、お見事でした。
 

 

麻雀 4人 プレイ60分

最後に麻雀を遊んで〆。勝者は芯Dさん、お見事でした。

 
笹親父さん、サキさん、皆さまありがとうございました!

ボードゲームゾンビリーバボー!!

ボードゲーム競馬マフィア (Horse Racing Mafia)

-ボードゲーム
-, , , , , , ,

© 2021 Shun.のボードゲーム日記