ボードゲーム

2000/11/18 GCM

24954/25000 VZB10150 Shun. 11月18日GCM
( 5) 00/11/22 01:09

先週行きそびれたGCMに行ってきました。いつもは第2週の土曜にやっているのでボードウォークの週と重なり縁がありませんでしたが11月は第3週にずれ、JAGAも変則開催なので丁度空いており参加できました。

今回遊んだゲームは
「ハイパーロボット(3)」「ラ・チッタ(6)」「赤箱ニムト(初)」「カロム(初)(2)」「ナパーム(初)」「キャンセレーションブラックレディ(3)」です。

会場はボードウォークと同じくらいの広さに参加人数は通常4人とか5人とか結構聞くと寂しい限りです。今日は8人くらいいて「結構少ないんだな」と思っていたら常連さんは「今日は多くてびっくりした」と言っていました。会長さんがマジックにはまっており、今日は世界大会の予選に参加しているとのことでした。ゲームはほとんどKさん持参のもの、衣装ケース5箱も持ってきてすごい気合い入っています。でもKさんが休みの時はゲームがほとんどないそうです。折角広い会場があるのに参加者が少ないのはもったいないですね。なんとか頑張って欲しいものです。

さて、会場に着いてから人がぱらぱらと来るので何をやろうか悩んで一番適等な「ハイパーロボット」を遊びました。

 *ハイパーロボット 5人~ 40分

このゲームはとても苦手な人は最初からやる気がないようです(笑) 僕はまあまあ好きですけどちょっとやっている内にはまってしまいます。特別うまい訳ではないですけれどね。今回は3チップ取れました。1度でも皆を出し抜くと気持ち良いですね。

 

*ラ・チッタ 5人 170分

初心者がいるので初期配置、今回は5人にも関わらず1年目から3つ目の城を建てにいきました。他の皆が城を建てにいかないので調子に乗って4つ目も建て人口爆発を狙いました。結果テリトリーを広げたはいいが人口は減る一方、最終ラウンドで人口と麦のバランスを間違え麦を余計に余らせてしまいました。シビアにカウントしていないからですがあんなに減るとは思わなかった。都市の魅力を諦め人口流出してもいいからひたすら人口増に備え最低限の市場と麦の確保に走りましたがこの作戦はうまくいきませんでした。勝者はゲームは麦の生産ペナルティをくらいながらも最終ラウンド3つ目の城を飛び込みで建て3種の魅力を揃えた実力者Oさんでした。ま、このメンバーなら然りですかね。

 

*赤箱ニムト 4人 30分

原題は難しくて読めないですが最近の米国向けパッケージには「take5」と書いてありこちらは「6ニムト」の流れとゲームの内容を端的に表していて分かりやすいです。気にはなっていたゲームですがやっと機会に恵まれました。どうしても「6ニムト」と比べてしまいがちですがこのゲームは全く違うゲームですね。手番はあるし一度に3枚も出せてしまうしプラス点はあるし。今回場札の枚数を間違って多く配置してしまい全然ゆるゆるの展開になってしまいましたがエッセンスは味わえました。再度挑戦したいです。

 続きます。

  *** Shun. / VZB10150 ****

24965/25000 VZB10150 Shun. 11月18日GCM2
( 5) 00/11/25 02:36 24954へのコメント

 続きです。

今回遊んだゲームに漏れがありました。その名は田中さんもチョーお勧めの「アニマルオリンピック(2)」です。今回もあまりにも面白く、忘れてしまいました。

*カロム(初) 4人 20分+20分

この日は部屋の使用時間が区切られ6時でちょっと狭い部屋に移動しました。移動のちょっとした時間を使ってOさんとMさんが「バックギャモン」をやっていました。周りにいた人はルールを知らない人もいたようでルールを聞いていました。って僕もJAGA合宿で知ったばかりなのですけれど。

部屋を移動する際にKさんが何やらかさばる四角い板でできたボードを持っていまして「これなんですか?」と聞いたら「カロムです。折角持ってきたんだし久しぶりにやりましょうか」ということで彦根で大ブレイクしている噂のゲームをプレイしました。

2人ペアになってビリヤードのナインボールのように自分のチームの色の木のコマを四隅にある穴へ落として最後に決められたコマを落とせば勝ちというものです。手玉は自分の指で弾くので痛いです(単に下手なだけ)。コマは円柱なので当たってもあまり滑らず(いや、単に下手なだけ)指がどんどん痛くなってくるのでコントロールも全然定まらずペアになった相手に迷惑をかけどおしでした。ペアを組み換えて2回やりましたが僕のチームは圧倒的に負けでした。ははは(笑いこっちゃない)。

コマ弾きのコツは指をコマにくっつけておいてから指を弾くと良いのだそうで、何度かやってみましたが4回に1回くらいしかうまくいかなかった。強さの加減ができなかったりコントロールができなかったりなんですよね。ま、初めてやってうまかったらしょうもないですが。面白かったけどうちでは買えないですね、ボードの値が張るしかさ張るし置くところないし圧縮できないしで。

 

*アニマルオリンピック 4人 8分

隣のテーブルでは「カードラビリンス」をやっていました。あれ、今思い出しましたがこれもやったんだっけ。

 

*カードラビリンス(2) 4、5人? 30分

これは「ラ・チッタ」の後にやったでしょうか。あまりに面白くて印象に残らなかったかな(笑)いやいや今回は初ものが結構あったので記憶の隅に追いやられてしまいました。思い出して良かった。

このゲーム、自分の手番にカードを獲得できない時は他の人の邪魔をしてカードを取りにくいように置けるので今回のようにゲーマーばかりでやると鰻の寝床みたいにダンジョンが際限なく細長くなりがちですので「カードを獲得できない時に置くカードはなるべく多くの辺に接するように置く」というオプションを付けた方が良いと思います(Mさん談)。今回は半分くらい鰻の寝床になっていたかな?

ということで「アニマルオリンピック」の話題へ。このゲームの良いところは説明30秒、プレイ時間5分といったものです。ゲーム内容も数上がりシークエンスを作るだけの簡単なルールで子供にもお勧め。簡単な故プレイ中に余計なことを皆さん口走り易いし盛り上がる。んー、誉め過ぎですか。

また続きます。次は「ナパーム」というパズル通信ニコリに紹介されているトランプで遊ぶ3段回のポーカーです。

  *** Shun. / VZB10150 ****

24974/25000 VZB10150 Shun. 11月18日GCM3
( 5) 00/11/28 00:19 24965へのコメント

 2回で終わらせるつもりが3回になってしまいました。続きです。

 *ナパーム 7人 50分

トランプで遊ぶ3段階のポーカーゲームです。まずプレイヤーにカードを2枚づつ配り、2枚でハイポーカー(エースのワンペアが最強、2と3の組み合わせが最低)を行い、次の段階は3枚追加で配ってローポーカー(ぶたが最強)、最後はもう2枚追加してセブンスタットを行うというものです。チップのやりとりとかちょっと細部はあるのですがきっと草場さんがトランプ会議室で解説していることと思いますので割愛します(笑)

セブンスタットポーカーをやった時も面白かったですが今回のもヒットですね。少々人数が多くポットに溜まるチップの早さが脅威的でしたがこれは調整可能なのでゆるやかにするともっと良いと思います。途中第2段階で役ができない方が強いのにワンペアで賭けに参加してしまったりして失敗してしまいました。勝負の出方にいろいろ戦略ができて面白いですね。今回はMさんにやられっぱなしでした。「なんで第2段階と第3段階で勝負に出られるんだよー」とか翻弄されました。JAGA合宿の時にも思ったけどなんだかんだいろんなゲームやっててもやっぱりトランプって面白いですね(笑)

 

*キャンセレーションブラックレディ 8人 60分

カードを2組み使ってのキャンセレーション、田中さん宅でやった時以来8人でのプレイです。このくらいの人数になるとキャンセルが生き生きしてきます。トリックテイクが初めての人もいたので始めは普通のブラックレディをやって説明しました。1ディールだけだったので大丈夫かなと思いましたがキャンセレーションは全く違った印象になるので、まあ良かったかな(?) 

ゲームの方は僕が何下に上位に入っており、あるラウンドでOさんが点数ですぐ下を走っていた時にお互いにブラックレディを持っていて、先に僕が場に出して「お友達募集」した時に無視され(点差があったので当然)掴まされてしまいました。ううっ。それでもまだ上位でしたがねっ。最終ラウンドトップの人が皆に狙われてハートを押し付けられているのを出し抜きトータルで勝ちました。スラムがないというルールで少し落ち込みましたが結果オーライ快勝でした。

  *** Shun. / VZB10150 ****

--------
2020/10

赤箱ニムト(3)
6ニムトのインパクトが強すぎてどうしても比べてしまうけど別物として捉えると良いと思います。独特な動きをするなぁ、という印象が残っていて多分自分も購入したはずなんだけど、今どこにあるか把握していません。久しぶりに遊びたいですね(笑)

カロム(2)
今自分の書いたものを読んでも同じ気持ちです。彦根のふるさと納税をするとカロムボードが返礼品でもらえるメニューがありますね。

ナパーム(1)
ドローポーカーでないセブンスタッドポーカーの楽しさを知って間もない頃でしたのでこのゲームもとても楽しく遊んだ印象が強く残っています。

ボードゲームハイパーロボット (Ricochet Robots) [日本語訳付き]

ボードゲームラ・チッタ (La Citta) [日本語訳付き]

-ボードゲーム
-, , , , , , , , ,

© 2021 Shun.のボードゲーム日記