ボードゲーム

2005/12/04 袋小路

子供達はナルトのカードゲームに夢中。一回遊ぶのに100円かかるので数百円出すからと半ば無理やり連れ出し池袋へ出かける。池袋へは始発と終点で繋がっているバスが丁度良い塩梅で使えるので便利。最初は子ども全員連れて行くつもりだったけど雨が降ってとても寒かったので午前中はチビの相手をする。この時間が押してしまったため池袋入りは開場後、しかもバスが渋滞で遅れた。会場に行く前にゲーセンに寄ってナルトを遊ぶ。遊ぶといってもじゃんけんだし、カードを1枚100円で買っているようなものに、私は見える。ま、JAGA合宿代をMtGにつぎ込んだ私に言われる筋合いないか。
 

今回遊んだゲームは
プエルトリコ(8)
ラー(8)
です。
 

会場入りすると既にあちこちで熱戦が繰り広がれている状態。ぬまっちさんを名札で確認するも、盛り上がっているようなのであいさつは控える。また、Realさんが遊んでいた卓にshaさんがいるのを見逃し、これまたあいさつできず。結局1年振りに袋小路に参加するも、以前からのゲーム仲間にあいさつするのみで、子どもと何かゲームを遊べないかとうろうろする。やがて隅の卓がはけたようで、持ってきたプエルトリコを提案。どうやら初めて遊ぶ方がいるので「ぜひ遊びましょう」とお誘いして5人プレイ。拡張なし。途中娯楽堂さんが来て「プエルトリコ5人!」と声をかけて頂くも、その後日記に書かれた言葉が無かったのでとても好感触。次男が初手、長男が5番手でした。最初のセッティングに大きな間違いがあり、娯楽堂さんの指摘で救われました(笑) 今回初プレイの方に勝って頂いて、とても良いセッションとなりました。
 

お次は新版のラー。子ども達はまだ遊んだことがなく、競りはまだ難しくて面白がってくれるか心配でしたが、丁寧なインストによりスムーズにゲームに入っていけた様子。コンポーネントはボードとタイルが大きくなって良さげ。太陽駒とラー駒はアレア版の方が好きです。両方所有して良いところ取りしたいですね(笑) ゲーム展開はおおよそラーの売りがいかんなく発揮した形になり、負けましたがとても楽しめました。子ども達も面白いと感じたようで、私にとっては至福の一言です。
 

ボードゲームプエルトリコ ドイツ語版 (Puerto Rico) [日本語訳付き]

ボードゲームプエルトリコ14 ドイツ語版 (Puerto Rico) [日本語訳付き]

ボードゲームプエルトリコ DX (Puerto Rico: Limited Anniversary Edition) [日本語訳付き]

ボードゲームラー 日本語版 (Ra)

-ボードゲーム
-, , ,

© 2021 Shun.のボードゲーム日記