ボードゲーム

2006/07/02 なべ屋

*ハイパーロボット 5-9人?

いつものごとく開始時間からの集まりはまばら、このゲームはこんなときに重宝します。今回は強者が参加していなかったので同じレベル同士せめぎ合いが楽しめるかなと思い、私はお酒を飲みながら遊びました。ひたすら頭の中でパズルを解くゲームなので初めて遊んだ方の中には拒絶反応を起こす方もいましたが、大丈夫だったかなぁ。次も遊んでくれるかな?(笑)

ゲームの方は、酔って全然取れないだろうと思っていたけど、酔い始めというか頭の回転がちょうどいい感じだったらしく、結構取れました。一瞬の差で長男より早く言ってしまうことが何度もあったのでそこは今回の反省点。
 

今回遊んだゲームは
ハイパーロボット/Ricochet Robots (1999)(7)
プエルトリコ/Puerto Rico (2002)(9)
プール ポジション/Pool Position (1999)(初)
酔いどれ猫のブルース/Cat Blues (1998)(2)(3)(4)
ミュッケンシュティッヒ/Mückenstich (1999)(3)
トリックステークス(初)
ドラゴン デルタ/River Dragons (2000)(5)
メディナ/Medina (2001)(3)
です。

前回なべ屋にご足労頂いたメビウスママさんからいただいた記録用紙は今回も大活躍でした。あらためてありがとうございますです。
 

*プエルトリコ 4人

なんとぬまっちさんがまだ遊んだことがないというのでぜひ遊んで頂かないとと思いエントリー。私は1番手で場にコーンが出ていないのを確認して、建て切る方針。何度か開拓者が行われてもなかなかコーンが出てこなくて出荷型のぬまっちさんととろさんはとても厳しそう。私とろしあ忍さんは建築型だけど、ろしあ忍さんは私の下家なのでこれまた厳しそう。私は何故かお金のめぐりに恵まれていましたね。それでも、中盤に欲が出て工場を建てたくらいから「このままいくと私が勝っちゃうよん、悪いね~、ふふふん♪」みたいな雰囲気が流れ、3方を敵に回す展開に。とろさんが自分を犠牲にしてまでコーンをこちらに流さないよう流さないように仕事していたのが実を結び、状況の都合でバランス型になっていたぬまっちさんが僅差で勝利。お見事でした。私はギルドホールまで建てたのにどこをどう間違ったのか、かなりの点差で最下位でした。ま、ゲーム中ずっと勝った気分だったので良しとしておこう(笑)
 

*プールポジション 5人

プールサイドの椅子に自分のタオルをマークとして置く事で「ここは俺の椅子だ」と主張するゲーム。ポールじゃないんだよね。名前だけは聞いたことがあって気になっていたゲームです。ちょっと前のゲームなのでシステムに目新しいものは見つけられませんでしたが、なかなかまとまっていて良いと思います。私を潰さないといけないのに、たまさんと長男が直接攻撃し合うから、また私が勝ってしまった。長男は今日のゲームで「ハイパーロボット」と「プールポジション」の2つだけ印象がいまいちだったと言っていました。反省反省。
 

*カッツェンジャマーブルース 6人

このゲーム6人までできるとは知りませんでした。クニッツアのゲームの中で評価が分かれているゲーム。場に出ているカードを手札で競り落として、かつ手札と獲得したカードからメルドを作るゲーム。資金繰りがとっても厳しいです。ジョーカーは使い勝手が良いですが、ゲーム終了時に一番使っているとマイナス点をくらいます。3人か4人くらいが適当かも、という書き込みをどこかで見たような気がしますが、今回の6人は6人でとても面白かったですね!
 

*ミュッケンシュティッヒ 6人

こちらは最近お気に入りのトリックテイク。これも6人までできるとは知らなかったです。カードは4スート1~12で12がもう一枚と蚊カードが各3枚の計64枚。6人プレイだと4枚抜きで10トリック。一人あたり1.7トリックですか、んー、やっぱりこれだとトリック取れない人が出てくるのはしょうがないかな。5人だと12枚配るけど、2枚伏せてしまうのでトリック数はやっぱり10。一人あたり2トリック。まだ微妙かな?

4人で15枚配りの2枚伏せで13トリック。一人あたり3.25。これくらいだと、トリックを取りに行くか、逃げるかの攻防は面白くなるのではないかと。3人では遊んだことがないですが、たぶんこのゲームのポテンシャルを最大に発揮できるのは4人ではないかと思うのでした。いや、今回のゲームが楽しかったのは言うまでもないですが。
 

*トリックステークス 4人

カワサキ工場長自らのインストによる新作を遊ばせて頂きました。今度はトリックテイクですね。Webで気になっていたゲームが遊べました。ルールはトリックテイクに慣れた方なら簡単、いわゆる普通のマストフォロー、トランプありのトリックテイクですが、得点がトリックの勝ち負け数に依存しない、なんとも変態チックな(誉め言葉ですよ)味わいのゲームです。2トリックが終わったところで、どの馬が勝つか予想するのですが、手がかりがなさ過ぎて(読める人は読めるのだろうけど)一体どうしたら良いのか見当がつきませんでした。それでもなんとか数ラウンド遊んでいく内に、自分なりの予想とコントロールを試みることはしてみたけど、点は全く取れず~。んー、難しいですねぇ。今後これがどのように変化していくのか注目です。
 

*ドラゴンデルタ 6人

はらげーで遊んだゲームをここでも。今回は1週する前にろしあ忍さんがリーチ目に入って、一度は皆で寄ってたかってキャンセルしまくってゴールを防いだものの、次のラウンドで半分以上の方がリーチ目に入ってて、もう誰を潰したら良いのか分からない状態に(笑) さすがに2回目は潰されなかったろしあ忍さんが間をぬってゴール。お見事でした。
 

*メディナ 3人

積み木で街を作っていくゲーム。見た目がきれいなのでとても好きなのですが、内容はガチガチのアブストラクトなので好き嫌いは出ますね。私は深く考えずに積み木しているのが楽しい性です。久し振りに遊んだのと、3人で遊んだのは初めてだったので、街の広さがうまく把握しきれず最下位でした。3人は広いねー。
 

これでここの会場とはしばらくお別れ。狭いながらも飲食やお酒まで飲める会場なんていまどきなかなかないのでこうなってしまったのは本当にもったいないです。ともあれ、参加してくださった皆様ありがとうございました。また機会がありましたらゲームしましょう。

--------
2021/08

プールポジション(初)

どんなゲームか忘れてしまいましたが今改めて読んでみるとお手軽エリアマジョリティゲームっぽい感じですね。
 

トリックステークス(初)

webで検索してもカワサキファクトリー作品で見つけることができなかったので製品化はされていない感じですね。その後どうなったか気になります(笑)
 

ボードゲームハイパーロボット (Ricochet Robots) [日本語訳付き]

ボードゲームプエルトリコ ドイツ語版 (Puerto Rico) [日本語訳付き]

ボードゲームプエルトリコ14 ドイツ語版 (Puerto Rico) [日本語訳付き]

ボードゲームプエルトリコ DX (Puerto Rico: Limited Anniversary Edition) [日本語訳付き]

ボードゲームプールポジション (Pool Position) [日本語訳付き]

ボードゲーム酔いどれ猫のブルース 日本語版 (Katzenjammer Blues)

ボードゲーム[日本語訳無し] ドラゴンデルタ (Dragon Delta)

ボードゲームメディナ (Medina) [日本語訳付き]

-ボードゲーム
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 Shun.のボードゲーム日記