ボードゲーム

2020/10/14 草場さんと遊ぼう3

平日に休みを取って草場さんと遊ぼう会第3回です。

今回遊んだゲームは
ミッチ(3)
ゴーネンコーネン(初)
ルーンストーン(初)
ブラックレディ(27)
ツーペン(2)/Tuppen
トランプクルー(4)
です。
 

ミッチ 3人 説明とプレイ15分

律さんが到着するまでまあやさんと3人でミッチ。おそらくクニッツア先生の「ロストシティ」の原型となったゲーム。最初にこのゲーム遊んだときはトランプでこんなゲームが遊べるんだ!という驚きでした。勝者は純さん、お見事でした。


 

ゴーネンコーネン 4人 説明10分 プレイ45分

律さんが到着してメビウス便最新作のダイスゲームを遊ばせていただきました。ダイスを振って自分のお題を達成していくというもの。振り直しにペナルティはありませんが他プレイヤーもお得になるという感じ。お手軽に遊べますね。勝者はまあやさん、お見事でした。


 

ルーンストーン 4人 説明15分 プレイ85分

クイーンゲームズだからね(察し)、という感じで幾度となく超嵩増しパッケージを見て期待したゲームがことごとく期待以下であったことが何度も続いているメーカーなのでもう期待しないで臨んだのが良かったのか、システムは「ドミニオン」フォロワーの中の一つではあるのですが普通に楽しめました。やっぱり後発なだけにそれなりに要素を足して楽しんでもらおうという気持ちが感じられました。だいぶこなれたシステムを踏襲して作ったゲーム群は尖った楽しさはないのだけど一定の楽しさを提供していただけるという点でそのジャンルの入門用として安心して提案できますね。たまに「おおっ!」と驚くようなゲームもあります(笑) 勝者は純さん、お見事でした。


 

ブラックレディ 4人 20分

何かトリックテイクを遊びたいということになりまずはブラックレディを遊びました。


 

ツーペン 4人 説明とプレイ50分

お次はトリックテイクにギャンブルとブラフ要素を足したようなゲームを教えていただきました。オリジナルはランクの強さが変則的なのですが分かりやすいようにA(エース)が一番強いという風に強さを変更して遊びました。手札は4枚でノートランプ。途中のトリックを取ってもなにも得点にはならず、トリックの最後を勝つことを目的にゲームを進めます。1ラウンド分のポイントについてビッドを吊り上げたり途中でゲームから抜けたりするのはまさにテキサスホールデムポーカーのよう。トリックの最後を勝つ目的ならば以前「スパー」というゲームも教えていただいたことがありましたが、こちらはギャンブル要素が加わったことでとても熱いゲームになっています。なんだこれ、めっちゃ面白い(笑) 勝者は純さん、お見事でした。


 

トランプクルー 4人 プレイ70分

最後にトランプクルーを10ラウンド成功まで遊んでお開きとなりました。

草場さん、皆さまありがとうございました!

ボードゲームゴーネンコーネン (Gonnen Konnen) [日本語訳付き]

ボードゲームルーンストーン 多言語版 (Rune Stones) [日本語訳付き]

ボードゲームルーンストーン拡張セット1 夜のクリーチャー (Rune Stones Nocturnal Creatures) [日本語訳付き]

-ボードゲーム
-, , , , , , , ,

© 2021 Shun.のボードゲーム日記