ボードゲーム

2004/09/18 東京JAGA例会 

いつもはJAGAMAGAに投稿するのですが、9月例会が18日で10月例会が3日開催と、とても遅筆な私では間に合いませんでしたのでこちらのみアップします。

今回遊んだゲームは
プエルトリコ(3)
穴掘りモグラ(2)
お化け屋敷ゲーム(2)
暗闇のフロア(2)
サンファン(2)
ドラダ(3)
です。
 

*プエルトリコ 4人

今回は久しぶりに次男(小学3年)を連れてのJAGA、以前は長男の方がゲームやりたがっていたのに今は次男の方がやりたがりです。夏休みに子供達と帰省したときにサンファンを遊びまくったので、もしかしたらプエルトリコも興味持ってくれるかなと家に帰ってきて遊んでみたらまんまとはまり(笑) 5~6回遊びました。次男は例会で私以外の大人と遊ぶのは初めて、まあ嗜むくらいはできますよとお誘いしてゲームを立てました。家では拡張建物も子供が好きなのを入れて遊んでいますが今回は基本のみ、次男はスタートプレイヤーで初手は「開拓者」で「採石場」! ん~、よく分かっていらっしゃいます(笑) 途中のゲーム運びはまだまだですが立派なプレイヤーと認知されたことでしょう。ルール説明なしで遊んだので体感時間は結構短かったです。
 

*穴掘りモグラ 4人

次に遊んだのがドイツ系ボードゲームにはまった初期に購入した「穴掘りモグラ」。もう一組の親子と一緒に遊びました。他のプレイヤーの目から見ると最善手はすぐ分かったりするのですが、いざ自分の番になると穴に入れる目を見失っちゃったりしますね。
 

*お化け屋敷ゲーム 4人

お次も同じ親子と遊びました。中盤以降に超法規的お化けカードが出て、やはり少々お疲れモード(笑) でもお子様達はそんなこと露知らず楽しんでいたようです。比較的早く終わったかなと思ったのは一緒にプレイされた子供が最後の廊下に入ってから大人2人が頑張ってゲームを終わらせに走ったからでしょう(笑)
 

*暗闇のフロア 5人

連続でモンスターもの。この2つのゲームは購入時期が同じなのでかぶり易いかな(「お化け屋敷ゲーム」は子どもがいなければほぼ遊ばないでしょうけど)。お酒を飲んでだべっているKさんとHさんに付き合って頂き、先ほどのお子様(小学1年)も交えてのプレイ。例会で小学校1年にルール説明からというのは少々辛いゲームなのだけど(好奇心旺盛な年頃ですね)なんとか説明して遊びました。ゲームの方はモンスターのタイルが1巡した後Hさんが2人目を脱出させ勝利。負けましたが面白かった。
 

*サンファン 4人

今度はHさん、Fさんとでのプレイ。次男は早い時点で図書館を建て礼拝堂に埋め始め、私は知事官舎と金鉱で手札をまわしながら凱旋門を目指しましたが、中盤に次男も知事官舎を建て私が参事を選ぶこと多く、結果アシスト。ポイントの高い生産施設を建てながら礼拝堂に埋め続け、ラストはギルドホールと宮殿! これでは負ける訳がないですね。Hさん、Fさんも礼拝堂を建てていましたが図書館と知事官舎のコンボには追いつく間もなく、私も3つの記念碑と凱旋門をきっちり建てましたが大人3人とも撃沈。結果は次男50点、私36点、Fさん35点、Hさん25点。50点なんて見たことないよとメビウスの能勢さんが驚いていました。私も驚きました(笑)
 

*ドラダ 4人

次男はここで「ペイデイ」を遊びたがっていましたが多分一緒に遊んでくれる人いないよと却下。Kさんご子息とお化け屋敷ゲームを遊んだお子様とでのほほんとドラダをプレイ。しばらく遊んでいなかったので滑り落ちるルールを全く忘れていました。ま、所詮は双六ですからとぽんぽん振っていたら真っ先にゴールしたり穴に落ちたりで最下位でした。

例会終了後、久々に食事に参加。ちょっと人数が少なめでしたが和気あいあいと楽しめました。次男もお肉がたくさん食べられて満足のようでした。
 

ボードゲーム[日本語訳無し] プエルトリコ 10周年記念版 (Puerto Rico: Limited Anniversary Edition)

ボードゲーム穴掘りモグラ ドイツ語版 (Die Maulwurf Company) [日本語訳付き]

ボードゲームおばけ屋敷ゲーム

ボードゲームサンファン 日本語版 (San Juan)

ボードゲームドラダ 日本語版 (Dorada)

-ボードゲーム
-, , , , , , ,

© 2021 Shun.のボードゲーム日記